「自然に暮らす」シンポジウム

昨日は久しぶりに大勢の聴衆の中に紛れ込みました。
300名ほどの参加の中で、講演あり、パネルディスカッションあり、そして中学生のブラスバンド演奏ありの会でした。大盛況でした。
毎日新聞の記事です。
c0223463_8595924.jpg

文字が小さくて読めないですよね。
私は、この新聞記者さんから参加券を購入しました。
地域にどっぷり入り込み、地域に根ざした記事を書き続けておられる頼もしい記者さんです。

講演はC.Wニコルさん、パネラーには雑誌「ビズ」でも連載されている京都市在住の森孝之さんらが・・・・。
次女の義父はこの会の実行委員さんでした。
「畑の詩人」と言われているそうです。・・・畑を見ればなるほど・・・でした。
この話はいずれ又の機会にでもと思います。

私は森さんの本を、娘はニコルさんの本を買いました。サインもしていただきました。
c0223463_9124091.jpg



森さんの奥様は人形作家さんだそうです。
c0223463_9145165.jpg



森さんは1000坪の土地に森を作り、自然循環で野菜を育て、喫茶店までやっておられるそうです。
行ってみたい場所ができました。

難しいことは解らなくても、「心豊かな暮らし」とはどんなものかはよく解ります。
我が家なりの生き方で物を作り、販売し、微力でも地域に貢献できることがあればやって・・・。
そんな暮らしを、これからも続けたいと思いました。

娘の買った本が届きました。
c0223463_1018628.jpg



日本国籍を取得したニコルさんから学ぶことは、たくさんありそうです。
by 1223sora | 2009-12-13 09:23 | 丹後半島紹介
<< ステンドグラスに挑戦 お留守番 >>