流れる星は生きている

炎天下の今日も、畑で仕事をしていた。

c0223463_14284449.jpg
ジリジリと焼け付くような、強烈な暑さだった。
      白いゴム長靴が焼けて、熱かった。

無心に・・・・ひたすらブルーベリーを摘みとっているつもりでも・・・・・
c0223463_14323590.jpg
いつの間にか、考え事をしている自分に気が付く。


すごく頑張っている・・・自分。
     なんでこんなに頑張れるのだろう・・・・と、ふと思った。


ずっとずっと前に 「流れる星は生きている」 という本を読んだことがある。

新田次郎の奥様、「藤原てい」さんの書かれた本だった。

乳飲み子を含めて3人の子供を連れて、満州から引き上げて来られるときの
     壮絶な追想記だった。
  当時5歳の長男、2歳の次男、そして生後1ヶ月の娘を連れての引き上げだった。

我が子を守る母の強さ、偉大さが、胸に染みた。
    
  子を守り通して、這々の体で日本に帰り着いた作者は
        何年も、立つことすら出来ない身体になっていたそうだ。

我が子のためならば、どんな苦難にだって立ち向かえる。
     母ならみんなそう思っているはず・・・・・と・・・・。



こんな事を考えながら、帰ってきたら
c0223463_14481036.jpg
         喪服の用意をしておくようにという連絡が入った。


             百歳を越えた義母の様態が気になる・・・・・・。
by 1223sora | 2011-08-13 14:52 | 家族
<< 楽しい夏休み いっぱいの花 >>