さびしさは募るものですが・・・

昨日は、母の三回忌法要でした。


実家で、お坊さんに来ていただいて読経。

その後、裏山の墓地へ・・・・。
   この道が、実家専用の参道です。
c0223463_752130.jpg
   雨上がりだったので、皆さん長靴に履き替えてのお参りでした。

他家の使う、もっと緩やかな参道があるのですが、代々使用してきた急な道です。
   子供の頃は、この山全体が遊び場でした。

遊び場・・・と言えば
c0223463_7574395.jpg
  此処も遊び場でした。

   大阪の弟が、懐かしそうに言いました。
「あんなに広かった遊び場だったのに・・・こんな狭い場所だったんだねぇ。」

何十年ぶりかで覗いた、お寺の裏庭は驚くほど狭いモノでした。
  村の仲間達とシイの実を拾ったり
      鬼ごっこや 隠れんぼ をした懐かしい場所です。


懐かしいと言うと・・・・
  従兄が口火を切った、母親の実家での楽しかった思い出話の数々。
何人いたか直ぐには数えられないほど大勢だった、いとこ達
あの頃が、とても大切な心温まる思い出として
          みんなの心に刻まれているんだなと嬉しくなりました。

母が居ないさびしさは、簡単に表現できるモノではないけれど、
    こんな事でもない限り、出会うことのない
        従兄達やおじさん達に、出会えるうれしさをかみしめていました。


ちょっぴり心が湿ってきたので・・・話題をチェンジ!!


大阪の弟家族からお土産をもらいました。
c0223463_8213557.jpg
  開けてしまうのがもったいなくて・・・。
     娘たちが来てから開封します。

            いつもいつも、ありがとう!!

by 1223sora | 2011-11-13 08:28 | お出かけ | Comments(4)
Commented by aba-n-c at 2011-11-13 09:45
お母さまの三回忌ということは
お別れしてから未だ二年目と言う事ですね?
「人」「関係」にもよりますが10年位経たないと心が癒えません。

冠婚葬祭時にしか会えない親戚ってあるんですよね?
Commented by 1223sora at 2011-11-13 14:26
abaさん
いつもコメントありがとうございます。
月日の経つのは早いです。
思い出に浸って癒されることや、ついつい涙が出ることや・・・いろいろです。
abaさんも、お母さんの話題は出てきませんね。
こういうことは、時間や年数とは関係ないようです。
何気ない日常の中で、フッと出てきて嬉しくなったり悲しくなったりですよ。
Commented by aba-n-c at 2011-11-13 22:10
そうなんですょ!母が亡くなって29年(もうじき30年)ですが
一人で想っていて・余り話したくないんです。ごめんなさいね。
Commented by 1223sora at 2011-11-13 23:49
abaさん
私も同じです。
話したくないです。
親元に行っても、何気ない素振りをしているだけです。
本当はそうではないのですが・・・。
こんな時、姉か妹が居てくれたらどんなに良かったろう・・・と思います。
ザンネンながら、弟3人です。
弟には、話せないことがいっぱいあります。
お母さんのこと思い出させたようで、ゴメンナサイ。
abaさんの事を思えば、私の母は長くそばに居てくれたと感謝です。
<< 我が家の常備食 趣味の日 >>