花祭り

昨日は近くのお寺で、お釈迦様の誕生を祝う「花祭り」がありました。
  1ヵ月遅れのお誕生会でした。  (地域によって違うのかな??)

小さい頃の思い出がある娘たちは、この日を楽しみにしていたようです。
   自分たちの子供にも体験させたいからですが。

学校や保育所が終わってから、お参りしてきたようです。

綺麗に飾り付けられたお釈迦様。
c0223463_165982.jpg


手を合わせて・・・お参りして
c0223463_1652111.jpg


甘茶を掛けて、お供えして
c0223463_167166.jpg


甘茶をいただいて来たそうですよ。
c0223463_1675991.jpg


甘い物がキライだという「はるちゃん」は、
c0223463_1682686.jpg
  「ボクは、我慢して飲んできたよ」と言っていました。

水筒にいっぱい「甘茶」をいただいて来てくれました。

      独得のなつかしい甘さが、口の中に広がりました。
by 1223sora | 2012-05-09 16:15 | 丹後半島紹介 | Comments(10)
Commented by kadononeko at 2012-05-09 20:58
こんばんは
花まつり。
私のほうは四月八日です(*^_^*)旧歴なのでしょうか
小さなころはなんだかこの行事はわくわくしました♪
甘茶をかける柄杓もかわいいですよね
子供の時はいろんな体験をするのがいいですね
Commented by satami1224 at 2012-05-09 20:58
懐かしい 子供の頃に甘茶を頂きにお寺さんに行きました。
岡山に嫁いでからは お寺さんが遠いのも有ってか
この行事を見ていません 子供 孫にも見せて上げたいです。
Commented by aba-n-c at 2012-05-09 22:00
お釈迦さまのお誕生日は4月8日なのに
どうして5月なのかしらねぇ~?
「天上天下唯我独尊」と言われて・お生まれになられたんですよね。
Commented by 1223sora at 2012-05-10 08:00
kadononeko さん
おはようございます!!
お久しぶりです。
こちらは、ひな祭りだって、4月3日ですよ。
甘茶をかける柄杓、なるほど細くて可愛いです。
そちらもお花が綺麗に咲いていることでしょうね。
またお邪魔したいです。よろしくお願いします。
Commented by 1223sora at 2012-05-10 08:04
satami1224さん
私も小さい頃、甘茶をいただきにお寺に行きました。
でも、住んでいる傍のお寺には行ったことがありませんでした。
娘たちは、保育所の先生に連れられていったのかなぁ???
体験するって大切ですよね。
小さい頃に体験した空気、におい、味などしっかり覚えているモノです。
Commented by 1223sora at 2012-05-10 08:07
abaさん
お花がいっぱい咲くから・・・と言うことにしておきます。
お釈迦さんの「花祭り」と言えば、レンゲでしたが、最近は田んぼにレンゲが咲いているのを見ません。
ちょっぴり淋しい??かな?
Commented by ピッピ at 2012-05-10 13:12 x
こういう風習が残っていると言うのは良いことですね
そして親から子供へと・・・
良いですね~
甘茶と言うのは甘いお茶なんですか?

こういう思い出は何にもなくちょっと寂しいかも・・・
Commented by あやめ at 2012-05-10 18:32 x

お釈迦様の花祭り、今まではあまり馴染みが無かったのですが
4月10日が母の命日なのでお墓参りに行き、巡り遭う様に成りました。お子達がお参りする姿が可愛い~~

京都でもお雛様は旧暦が多いですよ!!お釈迦様も旧暦で為さって居られるのでは??
Commented by 1223sora at 2012-05-10 20:48
ピッピさん
甘茶というだけあって、甘いです。
お砂糖とは違う、クセのある甘さです。
アジサイに似た葉っぱだそうですよ。
信仰心も程々に大切(?) 良き伝統は受け継いで行きたいものです。
・・・と言いながら、私は意外に無関心です。
これじゃイカン!!と、ちょっぴりハンセイです。
Commented by 1223sora at 2012-05-10 20:52
あやめさん
おっしゃるとおり、旧暦で行われている行事だと思います。
ひな祭りも、花祭りも、寒さが遠のく頃が、良いですものね。
孫たち、ちゃんと手を合わせているでしょ。
多分、保育所の先生に教えていただいたり、母親が教えているのでしょう。
<< ありがとう!! 寄せ植え?? >>