丹後も国際化の波

孫たちが通っている小学校は、
  昨年秋からUASのマンチェスターメモリアル小学校と交流が始まりました。

きっかけは、ケネディ大使が掛津の琴弾浜に来られたことだそうです。
  ケネディ大使は幼い頃、
     マンチェスターの鳴き砂浜で楽しい時を過ごしておられたそうです。

どちらの小学校も、近くに「鳴き砂の浜」があります。
マンチェスター浜の画像を見ると、掛津の浜にそっくりでした。
「鳴き砂」が取り持つ縁で、交流がはじまったのです。

1年前は、オーストラリア国籍の女の子が入学してきました。
参観日に行くと、教室や廊下には外国の写真や英文の掲示物が貼られていました。
読書コーナーにも、外国の絵本が置かれていたりします。

隣の孫たちは、英語に興味シンシンです。
帰った後には、こんなものが置いてありました。
c0223463_9405548.jpg
窓辺で書いていました。
1年生になる、ののちゃんが描きました。
お家の壁に貼ってあるアルファベットを、思い出しながら描いたそうです。

丹後の田舎も、国際色豊かになってきたなぁ・・・・。

 (USAの軍属さんの住まいが近くにできたり、
       良い事ばかりではない島津地区ですが、
            意思疎通ができるようにはしなければ・・・・)


さて今朝の大仕事は、剪定枝の片付けでした。
    黙々と一人作業をして、腰も足もイタタ!!
花畑のスモモです。
c0223463_103879.jpg

道路際のモクレンやスモモです。
c0223463_1015079.jpg
全部がほったらかしだから、こんなにオオガッソウ!!
今年も剪定ができず、大木と化していくばかりです。
・・・・花はきれいです!!
by 1223sora | 2016-04-03 09:45 | 丹後半島紹介
<< 春休みの孫たち 畑の後継ぎ >>