スモモの季節

昨日の夕方、小雨になったから見てきました。
お気に入りのスモモが、色づいていました。
c0223463_981267.jpg
酸味はほとんどありません。甘くてジューシーなスモモです。
シロップ漬けして、夏間のジュースにします。
赤い色の、きれいなジュースになります。


こちらは今朝の画像です。
柵の中から見た、ジャングルのようなカボチャです。
c0223463_91497.jpg
お手上げです。 どこかで、剪定するべきだったような・・・・。
こんなカボチャや、
c0223463_9151730.jpg

こんなカボチャが、実を付けています。
c0223463_916764.jpg


そしてこちらが、伸びる・伸びる・・・ひばりメロン。
c0223463_9172412.jpg
一体どうなっているんだろうと、絡んだツルを解きほぐしてみたり・・・・。
こんな小さなメロンが、少し黄色くなっていました。
c0223463_9191775.jpg
c0223463_9193030.jpg

親せきのT夫人は、100本のひばりメロンをキュウリのようにネットに這い登らせているそうです。
(夫人は大企業の奥様。)
(それなのに1000坪の畑に野菜をいっぱい作って、配っているそうな)

その方が正解かな??
地を這わせると、どこに実がついているのか分かりません。

2圃場の山側にも、沢山植えました。
シッカリしたネットを斜めに張って、登らせてみます。
植えて間もないからツルも伸びていないし、今なら作業ができそうです。
by 1223sora | 2016-06-30 09:24 | 家庭菜園 | Comments(6)
Commented by aba-n-c at 2016-06-30 11:14
おはょ!

黄色いメロンは「まくわうり」ですか?
だったら懐かしい・・・

カボチャの蔓を誘導すると実がならないとか?
本当でしょうか?
ヤッパリ自然にしておいた方が良いのかしら?
Commented by あやめ at 2016-06-30 12:29 x
小さなヒバリメロン美味しそうですね。

カボチャ、色んな形が出回ってきましたね。

カボチャ、スイカは摘芯したら多く実がなると聞きますが
摘芯するのも大変な位ありますね〜

此方では今日は水無月を食べる習慣が有りますが
丹後は食べますか?

Commented by 1223sora at 2016-06-30 14:42
abaさん
確かにまくわうりの形と色です。
私は、まくわうりと言うものを食べたかなぁ??
食べたとしたら、甘くなくて大きくて、皮を剥いて小さく切って、塩を振ってゴロゴロして食べたかな?
ひばりメロンは、小さいです。
甘いです。
いい香りもします。
T夫人は、皮ごと食べると言っていましたよ。
「ひばりめろん」で検索しても出てきません。
これって何物???

カボチャが越境はなはだしいから、ツルをひっぱり方向転換しました。
ツルの節々からいっぱい根が出ていました。
この根から栄養分を吸収して、さらに伸びたり実を付けているんだなと思いました。
だから誘導しない方が良いのかも・・・。
Commented by 1223sora at 2016-06-30 14:47
あやめさん
水無月というお菓子、食べません。
和菓子屋さんへ行けば、あるのかなぁ??
6月最後の日に水無月を食べるのですね。
食べて、6月(水無月)にさようならするのかな??
カボチャは、おとうさんが摘心したかもしれません。
メロンだって・・・・。
とにかくすごくたくさんのツルが出ています。
黄色い花もいっぱい咲いて居ます。
Commented by あやめ at 2016-06-30 15:45 x
水無月の和菓子、昔、氷が貴重、氷室から御所に暑気払いに献上さられ
庶民には手に入らない氷に見立て出来たらしい、

氷より和菓子の方が良いです。

夏越の祓の厄除けとも言われて居ます。

外郎に小豆がのっています。
30日だけでなく夏になれば食べています。
Commented by 1223sora at 2016-06-30 21:13
あやめさん
京都ならではの風流な和菓子ですね。
丹後では、ケーキ屋さんはどんどん増えますが、和菓子屋さんは減るばかりです。
お茶の先生が困っておられると聞いたことがあります。
次女がお世話になっている和菓子屋さんが数件あります。
水無月というお菓子を、探して来てもらいます。
私も京都人ですからね。
今は京丹後市ですが、昔は奥丹なんて言っていました。
すごく山奥のイメージでしょ。
<< することが多すぎて ミニトマト >>